カトリーヌ

カトリーヌ

カトリーヌ.jpg
Catherine
出身はロワールの農家。
小麦を栽培してブルターニュを中心に家族と商売をしていた。
地理的,時代的なこともあって幼い頃から隣国イングランドに対する反英教育を受け、さらに、百年戦争の時にイングランド兵がカトリーヌの故郷を戦略の為の名目として焼き払った歴史があり、幼い頃からイングランドへの憎しみを強く抱いていた。

フランス海軍の兵となって国をイングランドの侵略から守りたいという愛国心がある一方で、家の小麦を沢山他国に届けて食べてもらいたいという思いもあった。

そんな最中、イベリアの二ヵ国が新大陸やインド、アジアへの航路を開拓したと耳にする。

船に乗り、世界へロワールの小麦を送ることができるかもしれないと思ったカトリーヌは航海者を目指すことを決意する。

一度は家族に反対されるも、カトリーヌの気持ちを十分理解し、航海者への一歩を踏み出させる事にさせた。
そしてカトリーヌはロワールから遥か南、自国の航海者が沢山集う港都市マルセイユにある航海者養成学校に通うのであった

  • 最終更新:2018-06-09 11:39:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード